ホール外での活動について

ホール外での活動について一覧へ

【アウトリーチプログラム】目黒区立八雲小学校

2018.01.26

目黒区立 八雲小学校 5、6年生105人
日時:2018年1月19日(金) 11:00~12:00
出演:読売日本交響楽団メンバーによる金管五重奏
田中敏雄、尹千浩(トランペット)、久永重明(ホルン)、桒田晃(トロンボーン)、
次田心平(チューバ)

【プログラム】
ロッシーニ:ウィリアム・テル序曲
フォスター:草競馬
ロジャース:サウンド・オブ・ミュージック より
サウンド・オブ・ミュージック
エーデルワイス
ドレミの歌
アンダーソン:プリンク・プレンク・プランク
《楽器体験コーナー》
バッハ:目覚めよと呼ぶ声あり
ディズニーメドレー
美女と野獣
宮崎駿メドレー

主催:公益財団法人 目黒区芸術文化振興財団
後援:目黒区教育委員会
助成:平成29年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

********************

めぐろパーシモンホールのご近所、八雲小学校で金管五重奏のアウトリーチプログラムを実施しました。まずはロッシーニの『ウィリアム・テル序曲』。読売日本交響楽団のメンバーが奏でる華やかな音色が音楽室に響き渡ります。

コンサートはトランペットの田中さんによる曲や楽器の紹介を交えながら進んでいきました。次に演奏されたのはフォスターの『草競馬』。緊張気味で聴いていた子どもたちの表情が、トランペットが馬のいななきを見事に表現しているのを聴いた途端、一気に緩み、笑顔に変わりました。

『サウンド・オブ・ミュージック』、『プリンク・プレンク・プランク』に続いて、お待ちかねの《楽器体験コーナー》です。メンバーのみなさんが、楽器体験用にカラフルな楽器を用意してくださいました。まずはトランペットから。尹さんによる楽器の構造についての説明に続いて、「我こそは」と名乗りを上げてくれた3人の子どもたちが挑戦。3人とも上手に音を出すことに成功です。
続いてトロンボーン。マウスピースで音を出す練習をしてから、楽器に向かいます。スライド管も動かしてみました。
最後はチューバです。子どもにとってはかなりの重さ。一生懸命抱えながらがんばって音を出してくれました。
大盛り上がりだった《楽器体験コーナー》。興奮冷めやらぬ感じでしたが、後半の演奏にも真剣に耳を傾けてくれた子どもたち。『目覚めよと呼ぶ声あり』の説明では、バッハのカンタータについても少しお勉強した後、『ディズニーメドレー』『美女と野獣』『宮崎駿メドレー』を存分に楽しんでくれたようです。

事業課 比留間

 

このページのトップへ
目黒区美術館
目黒区文化ホール賛助会
チケット特典サービス
ART LETTER 広告募集のお知らせ