ホール外での活動について

ホール外での活動について一覧へ

【アウトリーチプログラム】目黒区立烏森小学校

2018.07.19

目黒区立烏森小学校
日時:2018年7月17日(火)14:15~15:00
出演:荒牧小百合(ソプラノ)/原田勇雅(バリトン)/矢野里奈(ピアノ)

【プログラム】
ディ・カプア:オーソレミオ
藤田圭雄 作詞/小林秀雄 作曲:日記帳
三木露風 作詞/山田耕筰 作曲:赤とんぼ
プッチーニ:オペラ「ジャンニ・スキッキ」より”私のお父さん”
シューベルト:魔王
モーツァルト:トルコ行進曲
ブランテル:カチューシャ
ロジャース:ミュージカル「サウンドオブミュージック」より
“ドレミの歌”
”私のお気に入り”
”エーデルワイス”
モーツァルト:オペラ「魔笛」より“パパパの二重唱”
≪みんなで一緒に≫
佐田和夫 作詞/長谷部匡俊 作曲:いつでもあの海は

主催:公益財団法人 目黒区芸術文化振興財団
後援:目黒区教育委員会
協賛:公益財団法人 北野生涯教育振興会
企画・協力:NPO法人 日本声楽家協会

***************

烏森小学校で声楽のアウトリーチプログラムを実施しました。
1曲目はイタリアのナポリ民謡から「オーソレミオ」を原田さんが歌ってくださいました。
「オーソレミオ」とは日本語で「私の太陽」という意味で、日本はもちろん世界中で歌われ親しまれています。
原田さんの迫力の歌声に生徒の皆さんとても驚いていました。
続いては荒牧さんが歌う「日記帳」です。
小学生にはなかなか馴染みの薄い歌ですが、荒牧さんが歌う前に説明をしてくださいました。
「ブーゲンビリアの茂みの中に 僕は小さい日記帳を隠した」と始まる少年の初々しい初恋の歌です。
ピアノソロはモーツァルトの「トルコ行進曲」です。
ピアノの曲でありながら左手の演奏は打楽器を表現しているそうです。
指の動きが非常に早く、生徒の皆さんも食い入るように見つめていました。
プログラム最後の曲は「パパパの二重唱」。
パパゲーノとパパゲーナの可愛らしい動きと歌に生徒の皆さんも喜んで聞いてくださいました。
全員合唱は「いつでもあの海は」を歌いました。
とても綺麗な歌声で、出演者の皆さんも「綺麗な歌声でびっくりしました」ととても感心していました。
秋には連合音楽会があるそうです。今日の経験を活かしぜひ頑張ってほしいと思います。
事業課 濱

このページのトップへ
目黒区美術館
目黒区文化ホール賛助会
チケット特典サービス
ART LETTER 広告募集のお知らせ