柿の木日記

柿の木日記一覧へ

「これがオペラだV 第3回夕鶴」が終了しました!

2009.07.27

パートVシリーズの第3回は、「夕鶴」でした!

5年前から行っている「これがオペラだ」。
今年は、早いもので、パートVです。

毎回、分かりやすくピアノの軽やかな伴奏で、
楽しくオペラ作品のストーリー、美しい曲の数々を臨場感ある
小ホールでお楽しみいただける人気シリーズです。

ちなみに、パートVの…
第1回は、「フィガロの結婚」http://www.persimmon.or.jp/information/diary/20090606182500.html
第2回は、「こうもり」http://www.persimmon.or.jp/information/diary/20090618163900.html
でした。

そして、第3回は、7月18日(土)、19日(日)に、
團伊玖磨作曲の夕鶴を行いました。

夕鶴の登場人物は、いたってシンプル。
つう(嘉目真木子さん)&与ひょう(望月光貴さん)、
運ず(大井哲也さん)&惣ど(鹿野由之さん)という
大人4人が織りなす悲しい物語。

嘉目真木子さん(つう).jpg

つうと与ひょう.jpg

与ひょう、運ず、惣ど.jpg

そこに、今回のピアニストである羽石道代さんの音色が混ざり、
物語の印象をより鮮明に映し出します。

そして、忘れてはならないのは、この物語には、
非常に大事な役者である『子どもたち』が登場する設定に
なっております。

子どもたちと運づ・惣ど.jpg

公演に先立って、子どもたちの合唱練習を、
事前に相当期間行いました。
この合唱練習の報告については、改めて!

「これがオペラだV」の職員目線の概要については、
前回のこうもり公演における柿の木日記で担当した高見澤が
書いてある通りなのですが、再度書かせていただくと、
ホール職員も一緒に舞台を作るところが醍醐味なのです。

小道具で用意したのは、5連の障子や子ども用のはんてんや、障子に
映し出された鶴の絵(きりえ)です。
夕鶴のロゴ(いつも舞台正面に投影していました)は、
前回のこうもり担当の高見澤が制作してくれました!

tsuru1.jpg

tsuru2.jpg

そして、このホールの裏方として、舞台の雰囲気を作ってくれて
いるスタッフの美濃さんが、木足を囲って&グレーの布をかぶせて、
囲炉裏の雰囲気を出してくれたり…。
美濃さんは本当に気が効きます!!(いつもありがとうございます)

そして、照明を担当している平山さんが、
毎回プロデューサーの松本宰二氏の
照明プランをとても良い仕上がりに表現してくれたりと…。
(いつもありがとうございます…平山さん)

出演者サイドのマネージメントを担当している二期会の高田さんは、
わらじを用意してくれたり、雪の雰囲気を出すために真綿を用意してくれたり。

そして、プロデューサーである松本宰二さん。
出演者としてもとても魅力的な方なのですが、
プロデューサーとしても、とっても凄い方なのです!!
(ホール担当者は、みなファンです!松本さん、気軽に言ってすみません)

松本宰二さん.jpg

プロの出演者はもとより、裏方スタッフ含めて、高いレベルを持った方たちと
一緒に仕事をしていると、とにかく最高に面白いです!
お客様に喜んでもらいたい一心で公演を作っているので、
自然とチームワークが出来上がってくるのも、ホール職員として嬉しい限りです。

出演者の皆様.jpg

今回のパートVでは来場者の皆様に、今までの「これがオペラだシリーズ」
作品の中で、是非再演してほしい!という再演希望のアンケートをとりました。

今後の企画の参考とさせていただきますので、次回も楽しみに
待っていただければ、ホール職員としては嬉しい限りです。

このページのトップへ
目黒区美術館
目黒区文化ホール賛助会
チケット特典サービス
ART LETTER 広告募集のお知らせ