柿の木日記

柿の木日記一覧へ

紛れもなく秋

2010.11.12

寒さに首をすくめてばかりいたら、気づかぬうちに木々の葉が色づいていました。

今回は、めぐろ区民キャンパスから秋のお便りを。

カメラを持って事務所をでると、足元に虹。
天気の良い日は、建物の中のプラザに陽光が差し込んで、床や階段にこんな風に虹ができるのです。

R0015172.JPG
虹を(わざわざ)踏んで外にでると、こんな光景が広がっていました。
広場では近所の保育園の子どもたちが遊んでいます。
R0015173.JPG
平成14年の開館当初は枝も葉も少なくて少しさびしかった ↓
psb外観1.JPG
銀杏並木も、こんなにもっさりしてきました。かっこいいです。
R0015174.JPG
R0015175.JPG
 
R0015179.JPG
夏のパレットプログラム・楽器コースで見に来た小川にも黄色くなった葉っぱが落ちています。
そのときの様子はこちらから。↓
http://www.persimmon.or.jp/information/diary/20100826093900.html
R0015180.JPG

パーシモン(柿)だけに、柿の木もあります。鳥も食べないところをみると、相当な渋柿なのではないかと。

R0015186.JPG

区民キャンパスの小道のいりぐち。登りきったところに建物があります。

建物の北側も秋。

R0015192.JPG

お近くにお住まいのみなさん、お散歩にぜひどうぞ。
公演のご予定がある方も、お越しの際はキャンパス内をぶらりとしてみてはいかがでしょうか。
マチネのときには陽の光に映える鮮やかな色彩が、ソワレでも、街燈の灯りでぼんやりと浮かび上がる紅葉が楽しめます。

 

事業課 小比類巻

このページのトップへ
目黒区美術館
目黒区文化ホール賛助会
チケット特典サービス
ART LETTER 広告募集のお知らせ