柿の木日記

柿の木日記一覧へ

ゴーヤがお洒落に大・変・身!

2011.09.12

4ヶ月ほど前の5月25日から、めぐろ区民キャンパスでは、

節電の一環として「緑のカーテン」を作るために、ゴーヤを育てて

います。

7月末には収穫が出来るほど、立派に成長しました。

 
さて、ゴーヤといえば、見かけはゴツゴツ、中身は苦い。

そんな武骨な野菜の代表格ですが、手にかける人の腕によって

こんなお洒落に、優雅にアレンジできるのです。

 

今回特別に、ゴーヤの料理に協力してくださったのは

めぐろ区民キャンパスの1Fにあるイタリアンレストラン

『コミューン・ナチュレ』。

 

まずは食卓を彩る、フラワーアレンジメントから。

黄色に色づいたものや曲がったもの。

食べられないからといって捨てないで!

白いお皿に飾れば、ほら、こんな素敵なアレンジメントに。

あるがままの自然の姿が、一瞬にしてアートになっています。

20110904-1.jpg

 

ゴーヤ料理ってゴーヤチャンプルーだけじゃないんです。

こんなイタリアンなフルコースはいかがでしょう?

 

まずは魅惑のアンティパスト(前菜)。

上から時計回りに、

○ゴーヤのフリット(素揚げ)

○ホタテとゴーヤのピンチョス。イクラ添え。

○ゴーヤのオイルマリネ。レモン風味のオリーブオイルを使用。

○ゴーヤのリピエーノ。リピエーノとは詰め物のこと。ゴーヤのムースが入ってます。

20110904-2.jpg

 

お酒を飲まれる方なら、ここでシュワシュワの泡のお酒を合わせたくなる

気分、になりますよね!?

 

お次はゴーヤのフェットチーネ。

鶏肉とゴーヤのゴマソース和え。

しっかりとした歯ごたえのある手作り生パスタは、すりおろしたゴーヤが

練り込んであります。

20110904-3.jpg

 

もっちもちのゴーヤのラビオリ。

リコッタチーズと海老を添えて。

赤い海老と濃緑のゴーヤの細切りが彩りを加えています。

20110904-4.jpg

 

ロッソ!(イタリア語で”赤”の意。)

情熱の色。

定番のパリパリのピッツア。

20110904-5.jpg

 

ビアンコ!(イタリア語で”白”の意。)

上品な色合い。

赤のピッツアが薄焼なら、こちらは厚焼きの生地を使って。

20110904-6.jpg

 

待ってましたのデザートのお時間!

絶対に外せないドルチェ。本日はゴーヤのプリンです。

20110904-7.jpg

 

ドルチェとは、イタリア語で”甘い、優美な、優しい、柔らかい”という意味。

あの男まさりなゴーヤが、こんな繊細なデザートに変わるとは!

まさかの大変身です。

 

しめくくりの2品目は、ゴーヤのシフォンケーキ。

夏のフルーツ、パパイヤとメロンを添えて。

口の中で今にもふんわりとろける感じが見ただけで想像できます。

ゴーヤケーキ.jpg

 

いかがでしたでしょうか?

「緑のカーテン」作り、食べられる植物なら、二度おいしい。

これは今回のゴーヤ育成経験を通して、職員が心底感じたことです。

 

是非、皆様も「緑のカーテン」を作って、節電協力、エコな環境作りに

チャレンジしてみませんか。

 

では、また!Ciao!

 

★取材協力★ めぐろ区民キャンパス1F イタリアンレストラン 『コミューンナチュレ』

 

 

事業課 余村

このページのトップへ
目黒区美術館
目黒区文化ホール賛助会
チケット特典サービス
ART LETTER 広告募集のお知らせ