柿の木日記

柿の木日記一覧へ

【おしえて!Mr.バッハッハ】~武満徹~

2011.10.15

『明日ハ晴レカナ、曇リカナ』

昨日ノ悲シミ 今日ノ涙  明日ハ晴レカナ 曇リカナ
昨日ノ苦シミ 今日ノ悩ミ 明日ハ晴レカナ 曇リカナ

武満顔写真

PHOTO BY TETSUYA FUKUI

よしのちゃん

(よしのちゃん):頬杖をついている写真の男性は誰なの?

Mr.バッハッハ

(Mr.バッハッハ):武満徹(タケミツトオル)という日本を代表する作曲家だよ。
1930年に生まれ、独学で音楽を学び65歳で亡くなるまで、現代音楽の分野で活躍した。
作品は、電子音楽、映画音楽、舞台音楽、ポップ・ソングと幅広いんだ。
エッセイストとしても有名なんだよ。

よしのちゃん

独学で音楽を学んで、こんなに広く親しまれたんだ~。彼の生い立ちをおしえて。

Mr.バッハッハ

彼は第二次世界大戦中に禁止されていたフランスのシャンソンを、こっそりと
蓄音機で聴かせてもらい、こんなに美しいものがあるのかと感嘆し、音楽をやりたいと
熱望するようになった。
手さぐりのように楽譜を書き、鍵盤を書いた紙のピアノを持ち歩いた。
町を歩いている時にピアノの音が聞こえると、弾かせてもらえないだろうかと頼みこんだ。
また進駐軍のキャンプでは、夜に仕事があるまで、ピアノを弾かせてもらったそうだ。
そんなことをしながら、独学で音楽を学んだんだ。

よしのちゃん

へ~え。音楽にのめり込んでいたんだね。その後の活動については?

Mr.バッハッハ

ストラヴィンスキー(ロシアの作曲家)に見出され、海外でもさかんに
作品が演奏されるようになった。日本でも多くの音楽家や作家を友人にもつ一方、
愛する映画や音楽祭に心血を注いだんだ。
(参考:ショーロクラブ『武満徹 ソングブック』 CD解説より)

武満顔写真2

PHOTO BY TETSUYA FUKUI

よしのちゃん

『明日ハ晴レカナ、曇リカナ』は、武満の詩なのね。
でも・・・悲シミとか、苦シミとか、涙とか・・・
あんまり明るい詩じゃないなあ。

Mr.バッハッハ

これはね、黒沢明監督の映画『乱』(1985年)のスタッフに捧げられた
“応援歌”なんだよ。
黒沢明監督が撮影中、天気によって機嫌がコロコロと変わるから、そのたびに
スタッフは右往左往していたんだとか。
武満自身もこの映画をきっかけに、黒沢と険悪な仲になったんだ。

よしのちゃん

芸術家同士のぶつかり合いがあったのね。

Mr.バッハッハ

武満の作品は死後も、たくさんの音楽家たちに演奏されている。
この夏に発表された、ショーロクラブのアルバム『武満徹 ソングブック』は、
歌詞のついているポピュラーソングを集めたアルバムだ。
若いミュージシャンが、現代の音の響きで武満の作品を再現するんだよ。

よしのちゃん

その演奏を聴く私たちが、武満の音楽を語りついでいくのね!

Mr.バッハッハ

音楽を愛した作曲家、武満。その美しく響く楽曲と、若いアーティストたちの
コラボレーション。ぜひ、コンサートで生の音を多くの人に聞いてほしいと思っているよ。

 『武満徹 ソングブックコンサート』

めぐろパーシモンホール大ホールにて
平成23年11月19日(土) 16:30開場 17:00開演
歌:アン・サリー、沢知恵、おおたか静流、おおはた雄一、松平敬、松田美緒、tamamix
演奏:ショーロクラブ

http://www.persimmon.or.jp/performance/hosting/20110703151300.html

≪チケット絶賛発売中≫
めぐろパーシモンホールチケットセンター 03-5701-2904 (10:00から19:00)
チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:143-002)

事業課 余村

このページのトップへ
目黒区美術館
目黒区文化ホール賛助会
チケット特典サービス
ART LETTER 広告募集のお知らせ