柿の木日記

柿の木日記一覧へ

【おしえて!Mr.ゴッホッホ】~上杉本 洛中洛外図屏風~

2011.11.02

金色の雲の下をのぞいてみると・・・そこには!?

rakuchu_right.jpg
 
 

(『上杉本 洛中洛外図屏風 右隻』 wikipediaより引用)

 

yoshino_web用.jpgのサムネール画像

(よしのちゃん):ねえ、この絵を見て!金色の雲のすき間から、町が

のぞけるよ。これはなあに?

 

goch_web用.jpg(Mr.ゴッホッホ):これはね、『上杉本 洛中洛外図』<うえすぎぼん らくちゅうらくがいず>という屏風絵だよ。

 

yoshino_web用.jpgのサムネール画像

屏風・・・というと、芸能人の婚約会見をイメージするわ。

 

goch_web用.jpgのサムネール画像・・・・・。

屏風は、もともとは、“風を屏(ふせ)ぐ”という意味で、風や視線をさえぎるための

家具なんだ。屏風にきらびやかな絵を描くのは、屏風絵といって、安土桃山時代~

江戸時代(16世紀~19世紀頃)にかけて大流行したんだよ。

 
yoshino_web用.jpgのサムネール画像
 

ねえ、『洛中洛外図』って何のこと?

 

goch_web用.jpgのサムネール画像

京都の、市街・郊外(洛中・洛外)を上から眺めて描いた屏風絵のことだ。

『上杉本 洛中洛外図屏風』は、屏風絵の中でも最高傑作とされ、国宝に指定されている。

作者は、狩野永徳。日本美術史上で最も有名な画家の一人といえるだろう。

 

rakuchu_left.jpg

 

(『上杉本 洛中洛外図屏風 左隻』 wikipediaより引用)

 

 
goch_web用.jpgのサムネール画像

 この屏風は戦国武将、織田信長が、米沢藩主(現在の山形県)の

ライバル上杉謙信に贈ったものなんだよ。

 

yoshino_web用.jpgのサムネール画像

 え!?織田信長はなんでライバルにこんな高価なものをプレゼントしたの?
 

goch_web用.jpgのサムネール画像当時、武田信玄と敵対していた織田信長は、勢力をのばしてきた上杉謙信へ

駆け引きの道具として贈ったんだ。

この作品は、その後、上杉家で大切に保管され、現在は米沢市上杉博物館に収蔵

されている。

 

yoshino_web用.jpgのサムネール画像

 戦国の世をくぐり抜けた芸術品というわけね!

 

goch_web用.jpgのサムネール画像

そうだね。この屏風絵には、京都の東山方面と西山方面の風景が描かれ、

右から夏・春・冬・秋と季節が変わっていくんだよ。大きさは高さ約160cm、長さ約370cmも

あるんだ。

 

yoshino_web用.jpgのサムネール画像

 うわあ~、大きいのね。

それに、よく見ると、ずいぶんいっぱいの人が描かれているよね!?

 

goch_web用.jpgのサムネール画像その数

 なんと、2,479人!庶民の暮らしから、足利将軍の豪華な邸宅まで

色々なものが見えるんだよ。

 

yoshino_web用.jpgのサムネール画像 床屋さん、お風呂屋さん・・・お相撲をやっている人もいるね。

「清水寺」でゆっくり景色を眺めている人がいたり、犬に追いかけられている琵琶法師がいたり!

お正月や祇園祭り、紅葉狩り・・・ みんな楽しそう!

 

 
goch_web用.jpgのサムネール画像そういえば

今度、この『上杉本 洛中洛外図屏風』をイメージした音楽のコンサートが

このめぐろパーシモンホールであるって知ってるかい?

 

yoshino_web用.jpgのサムネール画像

 なになに!?おもしろそう!!

 

goch_web用.jpgのサムネール画像

 5人の音楽家たちが、この屏風を見たイメージで作曲し、演奏をする

粋なイベントなんだ!

 

さらに、この屏風の実物大の複製が展示され、学芸員がくわしくガイドしてくれる。

大人向けコースは好評で定員に達したけれど、小学生以上のコースにはまだ空きがある

から、よしのちゃんも申し込んでみたらどう?

 

yoshino_web用.jpgのサムネール画像

 うん、申し込んでみるよ!!楽しみだな~!

 

 

 

 『国宝上杉本 洛中洛外図屏風から生まれた音楽を聴く』

めぐろパーシモンホール小ホールにて

平成23年11月20日(日) 14:30開場 15:00開演

出演:鈴木広志(サックス他)、大口俊輔(ピアノ、アコーディオン)、

東保光(コントラバス)、小林武文(パーカッション)

http://www.persimmon.or.jp/performance/hosting/20110712113500.html

≪チケット絶賛発売中≫

めぐろパーシモンホールチケットセンター 03-5701-2904 (10:00から19:00)

チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:144-701)

 

『屏風と音楽~屏風を観る~』

「国宝 上杉本洛中洛外図屏風」の複製(高精細写真版)を 米沢市上杉博物館学芸員による

ガイドで、じっくりと観る・楽しむプログラムです。

2011年11月19日(土) 13:30~15:00

1名:500円

申込方法は以下のページをご覧ください。

http://www.persimmon.or.jp/performance/event/20110714191200.html

 

事業課 余村

このページのトップへ
目黒区美術館
目黒区文化ホール賛助会
チケット特典サービス
ART LETTER 広告募集のお知らせ