柿の木日記

柿の木日記一覧へ

屏風がやってきた!

2011.11.29

いよいよです。
米沢から屏風がやってきました。

***************************************************************************

「屏風を観る」

2011年11月19日(土) 小ホール
小学生以上コース 13:30-15:00 / 中学生以上コース 15:30-17:00
講師:米沢市上杉博物館学芸員 花田美穂さん、沖田友紀さん

***************************************************************************

今回お借りできることになったのは、高精細複製の屏風です。

ここで少しこの屏風のご紹介を。

京都文化協会とキヤノン株式会社が立ち上げた「綴(つづり)プロジェクト」では、キヤノンの最新のデジタル技術と京都の伝統工芸の技を融合させ、オリジナルの文化財に限りなく近い複製品を制作しています。
まず、屏風を分割して撮影し、PC上でこれを合成します。微調整を繰り返しながら色をあわせ、大判インクジェットプリンターで和紙に出力します。これに、京都で伝統的な技術を受け継いできた伝統工芸士が金箔や金泥を施します。最後に、表具師によって表装が施され、完成するのです。
こうして、経年変化による風合いや質感などにもこだわりぬいて複製が製作された文化財には、ほかに長谷川等伯の「松林図屏風」(16世紀)や、俵屋宗達の「風神雷神図屏風」(17世紀)などがあります。
もっと知りたい!という方は、Canonの「綴プロジェクト」のホームページへどうぞ。
http://canon.jp/tsuzuri/index.html

さて、このプロジェクトの一環としてつくられた上杉本洛中洛外図屏風の複製は、美術専用車で米沢からはるばるやってきて、まず小ホールの舞台部分に置かれました。
かっこいいですね。

byoubu-miru_1.jpg

一度たたまれ、「観る」プログラムのはじまりを待ちます。

byoubu-miru_2.jpg

byoubu-miru_3.jpg
 
講師の米沢市上杉博物館の学芸員の方が、参加者のみなさんの前で開きます。
byoubu-miru_4.jpg

触ってしまわないように気をつけながら、近づいて観てみます。
屏風に近づくときは、ハンカチを口にあてて唾などが飛ばないように気をつけます。

byoubu-miru_5.jpg
 今度は、昔の人の視線で→座って観てみる。

R0020676.jpg
これは、異世界への入り口・・・?

実は、これは屏風を向かい合わせに置いて、ホールの中を真っ暗にして床から光を当てた状態なのです。
屏風が上杉謙信の部屋にあったかもしれないむかしむかし、夜はきっとろうそくの明かりで観ていたたんだろうな、と思いをはせながら。暗闇に浮かび上がる金色の屏風の間に座って観る。

本物の国宝の屏風は、長い年月を経ているため強い光があたると傷んでしまいます。湿度などにも気をつけて、厳重に管理しているのです。
こんなに近づいたり、光の当たり方による変化を楽しんだり・・・こういう見かたができるのは複製だからこそ、です。

R0020678.jpg
兜をかぶって戦国武将気分で観る。

R0020685.jpg
じっくりたっぷりと屏風を観た後は、画材の一部もみせてもらいました。
なんと金箔まで。これが、この複製にも使われているのですね。

R0020695.jpg

スタッフ@撮影 までちょっともらってしまったようです。

屏風、満喫しました。

 

担当:小比類巻由乃

 

このページのトップへ
目黒区美術館
目黒区文化ホール賛助会
チケット特典サービス
ART LETTER 広告募集のお知らせ