柿の木日記

柿の木日記一覧へ

【おしえて!Mr.バッハッハ】~バラライカってなに?~

2011.12.02

バラライカ・・・三角形の弦楽器が、ロシア民衆の心を甘く切なく唄いあげる。

バラライカ

(wikipediaより引用)

よしのちゃん

(よしのちゃん):ジングルベ~ル、ジングルベ~ル・・・♪そろそろ季節はクリスマス・・・って
あれ?Mr.バッハッハ。一人でなに飲んでるの~?カルピス?

Mr.バッハッハ

(Mr.バッハッハ):いやいや、これは、「バラライカ」というカクテルだよ。

カクテル

 (フリーフォトより引用)

よしのちゃん

え!?カクテルというとお酒?

Mr.バッハッハ

そう、ウォッカ、ホワイトキュラソー、レモンジュースを混ぜて・・・シェーク、シェーク!
そしてこの三角のグラスに入れるんだ。

よしのちゃん

わ~、なんだかおっしゃれ~!

Mr.バッハッハ

ところで、この「バラライカ」というカクテルだけど、楽器の名前から付けられているって知ってるかい?

よしのちゃん

え!?そうなの?「バラライカ」ってはじめて聞いたな~。

Mr.バッハッハ

「バラライカ」という楽器は、三角形の胴体を持つロシアの民族楽器なんだ。
カクテルの「バラライカ」の名前は、ウォッカがロシアの特産であることや、
この楽器の形がカクテルグラスに似ていることからイメージされたんだね。

よしのちゃん

へええ。三角形が印象的ね!ねえ、この楽器について、もっと知りたいな!

Mr.バッハッハ

OK!「バラライカ」っていうのは、数百年前からあるロシアの民族楽器なんだ。
しかし、19世紀末頃までは、「農民のための粗末な楽器」として、貴族からさげすまされていた。

よしのちゃん

え~、どうして?

Mr.バッハッハ

それはね、キリスト教の東方正教会が儀式の時に楽器の使用を禁止していたため、
ロシア音楽は声楽を中心に発達したからなんだ。
その楽器を、コンサート会場で聴かせるように質を高めて改良したのが、”バラライカの父”と
呼ばれるワシリー・アンドレーエフという人なんだよ。

よしのちゃん

ロシア民謡の演奏にかかせないものとしたのね!

Mr.バッハッハ

「バラライカ」の名前の由来は”軽口をたたく””おしゃべりする”と言われ、
人間の肉声に極めて近い楽器といわれる。
不遇な歴史を生き抜いた民衆の心を歌いあげるように気高くせつなく響くんだよ。

よしのちゃん

へえ~。実際に聴いてみたいな!

Mr.バッハッハ

「バラライカ」に興味をもってくれたよしのちゃんには、こちらのコンサートをご紹介しよう。12月10日(土)に中目黒GTプラザホールで行われる【ロシア音楽のクリスマス】コンサートだ。
出演は、日本でバラライカ奏者として活躍中の北川翔さんと、アコーディオンの大田智美さんだよ。北川翔さんは、合唱指揮者を祖父に、バラライカ奏者を父に持つ音楽一家で育ち、三代に渡って
ロシア音楽を継承している。
豊かな音楽性や確かな技術は、本場のロシアでも高く評価されており、日本だけでなく広く世界から注目される新進気鋭のバラライカ奏者なんだよ。

よしのちゃん

甘く、せつない音の響き・・・しっとりとしたクリスマスのコンサートになりそうね!

Mr.バッハッハ

よしのちゃん・・・僕のカクテル、いつのまにか全部飲み干しているね・・・

【ロシア音楽のクリスマス】

2011年12月10日(土) 14時30分開場 15時00分開演
会場:中目黒GTプラザホール(中目黒駅より徒歩1分)
料金:全自由席2,000円
出演:北川翔(バラライカ)、大田智美(アコーディオン)

詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.persimmon.or.jp/performance/hosting/20111003174000.html

事業課 余村

このページのトップへ
目黒区美術館
目黒区文化ホール賛助会
チケット特典サービス
ART LETTER 広告募集のお知らせ