柿の木日記

柿の木日記一覧へ

未来の音シリーズvol.16「ウェールズ弦楽四重奏団」

2011.12.23

未来の音シリーズ初の弦楽四重奏団の登場です。

******************************************

2011年12月17日(土)15:00
めぐろパーシモンホール小ホール

《Program》

ウェーベルン : 弦楽四重奏のための5つの楽章 Op.5
ウェーベルン : 弦楽四重奏のための6つのバガテル Op.9
モーツァルト : 弦楽四重奏曲 第20番 ニ長調「ホフマイスター」 K.499
シューベルト : 弦楽四重奏曲第15番 ト長調 D. 887

《アンコール》

バッハ: マタイ受難曲より コラール「汝の道を委ねよ」 BWV244/44

******************************************

 ウェールズ弦楽四重奏団は、2008年にミュンヘン国際音楽コンクールで第3位を受賞。現在、4人でスイスに留学し、バーゼル音楽院でハーゲン四重奏団のライナー・シュミット氏に学んでいます。

1217_verus_1.jpg

今回プログラムは、オーストリアの作曲家による、ウィーンで生まれた作品で構成されています。

冒頭、20世紀のウィーンで活躍した新ウィーン楽派と呼ばれた作曲家の一人であるウェーベルンの無調の2つの作品。

1217_verus_3.jpg

ウィーンの時間をさかのぼり18世紀、モーツァルトの軽やかかつ豊かに響く弦楽四重奏曲です。

後半は、シューベルトの最後の弦楽四重奏曲となった、壮大かつ長大な作品と相対します。

1217_verus_2.jpg

日々お互いの音に耳を傾けながら、共に音楽に向き合ってる4人ならではの響きが、この日の小ホールを満たしました。

 

担当:小比類巻由乃

 

このページのトップへ
目黒区美術館
目黒区文化ホール賛助会
チケット特典サービス
ART LETTER 広告募集のお知らせ