柿の木日記

柿の木日記一覧へ

【おしえて!Mr.バッハッハ】~『カルミナ・ブラーナ』 おお、運命の女神よ~

2012.01.11

全てのものは運命に支配される。

運命の女神の車輪の前に全ては服従せねばならない。

0,Fortuna(おお、運命の女神よ)
0,Fortuna,                             おお運命の女神よ、
velut luna                              あなたはまるで月のように
statu variabilis,          絶え間なく姿を変える
semper crescis          満ちてきたかと思うと
aut decrescis;           また欠けていく
vita detestabilis         人生も同じこと
nunc obdurat            ある時は冷たくあしらい、
et tunc curat           ある時は優しく微笑む
ludo mentis aciem,       あなたの手にかかれば
egestatem,            人間の貧しさや権力なんて
potestatem            炎にかざした氷のようなもの
dissolvit ut glaciem.       簡単に無に帰るのだ

よしのちゃん

(よしのちゃん):ねえ、Mr.バッハッハ。この曲どこかで聴いたことあるよ!
旋律が印象的。体の奥の方がゾクゾクしてくる感じだね!

Mr.バッハッハ

(Mr.バッハッハ):これはね、カール・オルフ作『カルミナ・ブラーナ』という
カンタータ(※合唱付きオーケストラ曲)だよ。
ヨーロッパのサッカーの試合で選手入場の時に使われたり、
CMやドラマなどでも耳にすることがあるね。

よしのちゃん

へえ、『カルミナ・ブラーナ』について、くわしく教えて!

Mr.バッハッハ

『カルミナ・ブラーナ』とは“ボイレンの歌集”という意味だよ。
19世紀初めに南ドイツのバイエルン地方、ベネディクト派ボイレン修道院で
古い写本が見つかったんだ。
(※ベネディクト派=キリスト教の一派で戒律が厳しい宗派)
そこには12世紀から14世紀にかけての無名の吟遊詩人や若い修道層たちが綴った歌と詩が
250以上収められていた。

よしのちゃん

それはとてもマジメな内容なの?

Mr.バッハッハ

いやいや、なんとそのテーマは・・・酒、賭博、権力の風刺、女、恋、エロスなど、
若者らしい素直で感情がむきだしのものが多いんだよ。

よしのちゃん

へえ~、規則の厳しい宗教の反動かな?

Mr.バッハッハ

そうかもしれないね。
20世紀の作曲家カール・オルフは、その詩集の中から24編の詩を選び、それぞれに曲をつけた。
構成は主に「春に」「酒場で」「愛のいざない」の3部、そして始まりと終わりに
主題歌「おお、運命の女神よ」を置くことによって、全体を一つの輪にしているんだ。

「春」では、新しい命の誕生をおおらかに歌いあげ、
「酒」は、若さと感情にまかせた怒りを表し、また世俗の権威についてあざけり笑う。
「愛」では、女の肉体に憧れ溺れつつも、恋人と夢を語り合って生きる喜びを満喫するんだ。

しかし最後には、はじめと同じ「運命の女神」の曲が再現され、ちっぽけな人間の存在を嘆きつつ、
運命という巨大な波によって飲み込まれていく様を、圧倒的な迫力で描き幕を閉じる。

よしのちゃん

“運命の女神”が全てのカギを握っているのね!

CarminaBurana_wheel

(『カルミナ・ブラーナ』詩歌集 wikipediaより引用)

Mr.バッハッハ

この『カルミナ・ブラーナ』詩歌集の表紙を見てごらん。
真ん中にいるのが「運命の車輪」に乗った“運命の女神フォルトゥナ”だ。

左には、奈落から這い上がろうと真剣な人間。
上には、頂点で栄華を極める人間。
右には、頂点から真っ逆さまに転落していく人間。
下には、車輪の下敷きで押しつぶされている人間。

車輪が回ると・・・当然4人の立ち位置も変わるね。
一方が昇れば、一方が沈む。
頂点で輝いている者も、時が経てばやがて車輪の下敷きになるって考えると・・・

よしのちゃん

なかなか恐ろしい絵だね・・・。

Mr.バッハッハ

“運命の女神フォルトゥナ”は、英語の“fortune フォーチューン”の語源だよ。
運命を操るための≪舵≫を手にし、
運命が定まらないことを意味する≪不安定な球体≫に乗り、
幸運の逃げやすさを表す≪羽根の生えた靴≫を履き、
幸福は満ちることがないことを表す≪底の抜けた壺≫を持っている。

そして、フォルトゥナには、後ろ髪がなく、前髪しかないんだ。
なぜだかわかるかな?

よしのちゃん

う~ん、なんでなんで?

Mr.バッハッハ

チャンスは後からではつかめない、ということだよ!

よしのちゃん

へ~え、なるほどね!

Mr.バッハッハ

ドイツ・ミュンヘン出身の作曲家、カール・オルフ(1895~1982。86歳で没)は、
1934年にこの詩歌集を偶然見つけ、衝撃を受けた。
折りしも、1934年のドイツでは、ヒトラーが国の最高指導者となった年だ。
歴史のうねりの真っ只中にいたオルフは、抗いきれない運命に流される民衆や、
権力を我が物とする政治指導者を運命の車輪に置きかえ、この壮大な曲を
作曲したのかもしれないね。

Holzmeister-Orff-klein

(右:カール・オルフ wikipediaより引用)

よしのちゃん

ねえ、Mr.バッハッハ。この曲は私も歌うことができるのかな?

Mr.バッハッハ

ちょうど、平成24年10月7日(日)めぐろパーシモンホールの
開館10周年記念コンサートで、この『カルミナ・ブラーナ』をやるんだよ。
そこで、オーケストラと共演する合唱団を、現在募集中なんだ。

よしのちゃん

でも、ラテン語覚えたり、いろいろ難しそう・・・!

Mr.バッハッハ

4月からの全28回の練習で、丁寧に指導してくれるから大丈夫さ!

よしのちゃん

よし!私も運命の流れのままに・・・。応募してみよ~っと!
そして、一緒に、めぐろパーシモンホール10周年記念コンサートを盛り上げよう!

詳しい応募方法や練習日程は、以下のページをご覧下さい。
カルミナ・ブラーナ合唱団員募集要項&練習日程.pdf

事業課 余村

このページのトップへ
目黒区美術館
目黒区文化ホール賛助会
チケット特典サービス
ART LETTER 広告募集のお知らせ