柿の木日記

柿の木日記一覧へ

【おしえて!Mr.バッハッハ】~ちょっと怖いヴァイオリンのお話~

2012.02.16

Mr.バッハッハがヴァイオリンにまつわるちょっぴり怖いお話を教えてくれます。

よしのちゃん

(よしのちゃん):ヒミツ・ヒミツ、ヒミツ・ヒミツ、ヒミツのよしのちゃ~ん♪ふふふ~ん♪

Mr.バッハッハ

(Mr.バッハッハ):そうだ、よしのちゃん。“ヒミツ”とえいば、2月18日(土)、
めぐろパーシモンホールの大人気企画『楽器のひみつVIII』シリーズ第2回では、
バロック・ヴァイオリンとフォルテピアノを使ったコンサートがあるよ!

よしのちゃん

へえ~、バロック・ヴァイオリンとフォルテピアノ?
ふつうのヴァイオリンやピアノとどう違うのかな?

Mr.バッハッハ

バロック・ヴァイオリンっていうのは・・・、それはヒミツだよ!

よしのちゃん

え~、そんな!ちょっとだけ教えて!

Mr.バッハッハ

ははは。じゃあ、ちょっとだけ。

バロック・ヴァイオリンとは、バロック時代(17世紀初頭~18世紀中頃)に製作され、
その後モダン・ヴァイオリンに改造されていないものをいう。(※ほかにも定義は様々ある)

例えば、バロック・ヴァイオリンは、羊の腸をよって作ったガット弦を張っているのに対し、モダン・ヴァイオリンはスチール弦を使っている。
そこで音の響きが変わってきて、ガット弦は柔らかな音、スチール弦は金属的な音が
出るんだよ。

よしのちゃん

へえ、なるほど!ほかにもなにかあるの?

Mr.バッハッハ

・・・あとは、ヒミツだよ!

よしのちゃん

そんな~!

Mr.バッハッハ

じゃあ、ひとつ、ヴァイオリンにまつわる、こわ~い話を聞かせてあげよう。

よしのちゃん

え、こわい話?(夜、一人でトイレに行けるかな・・ぶるぶる)

Mr.バッハッハ

時は、中世ヴェネティア。ある時、当時の枢機卿(後の、ローマ法王クレメンス8世)から
『最高の装飾を施した最高のヴァイオリンを作ってほしい』という注文が舞い込んだ。

注文を受けたヴァイオリン職人は、その当時随一の装飾作家ベンヴェヌート・チェリーニ
(1500~1571)に装飾を依頼することにした。

ヴァイオリンの贈り相手は、枢機卿が密かに恋していた少女ゼノビア。
ゼノビアは類まれなる美貌の持ち主の天才少女だった。

しかし、枢機卿といえば、女性との交わりを生涯禁じられたカトリック教会の聖職者。
彼は禁断の恋心を抱いていたんだね。

よしのちゃん

へえ~、それでそれで?

Mr.バッハッハ

はじめは、枢機卿と仲良く暮らしていたこの少女だが、
このヴァイオリンを手にしたとたん、
異様な表現力をもつこの楽器を狂ったように弾きまくり、生気を吸い取られ、
ついには謎の死を遂げたんだ。

よしのちゃん

わあ、こわい!

Mr.バッハッハ

この呪われたヴァイオリンの話にはまだ先があるんだ。
それから20年後、枢機卿は彼女の命日に、供養の意味を込めて
そのヴァイオリンを弾いてもらうことにしたんだが、その時の奏者もまた
取り憑かれたようになり、ついには高熱を出して倒れてしまった。

枢機卿の死後、彼の意思によって博物館に寄贈されたが、
ひょんなことから、あるヴァイオリニストが弾くことになり・・・

よしのちゃん

それで!?

Mr.バッハッハ

まもなく精神病院に収容され、亡くなってしまった。

よしのちゃん

ぎゃーー。

Mr.バッハッハ

その呪われたヴァイオリンを手にする者は次々と不幸に見舞われた。
例えば、フランツ・クレメントはベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を最初に
初演したことで知られるが、チェリーニのヴァイオリンを手にしてからというもの、
酒に溺れ、脳出血になり、最後は貧困と共に亡くなったという。

その後色々な人の手に渡ったチェリーニのヴァイオリンは、
ある時、ノルウェーの牧師であり、音楽家でもあったオーレ・ブルの元にきた。

いつも貧しい人のために音楽を奏で癒していたオーレ・ブルが、
“ヴァイオリンの呪いを解くように”、天に祈りながら演奏すると、
不思議とその呪いが解けたそうだ。

そして、彼の死後は誰にも弾かせないという約束で、そのいわくつきのヴァイオリンは、
ノルウェーのベルゲン博物館に寄贈されたんだよ。

よしのちゃん

え~~、じゃ、その呪いのヴァイオリンは今でもあるの?

Mr.バッハッハ

ノルウェーの博物館に行けば、見られるんだよ。
ヴァイオリンの渦巻きの部分には、天使の微笑みがかたどってあるが、
なんとなく不気味な気がするね・・。

よしのちゃん

・・・。(今日、絶対、一人でトイレに行けない・・・。)

Mr.バッハッハ

でも、ヴァイオリンの音色というのは、それだけ聴く人を虜にするし、
弾く人を虜にする楽器でもあるんだよね。

よしのちゃん

そうよね。私もヴァイオリンの音色、大好き。

Mr.バッハッハ

小ホールの「楽器のひみつ」のコンサートも、ぜひ行ってみてね!

楽器のひみつVIII 【第2回】バロック・ヴァイオリンとフォルテピアノ

場所:めぐろパーシモンホール小ホール
時間:14:30(開場) 15:00(開演)
料金:全指定席:1回券 3,000円

詳細は以下のページをご覧ください。 http://www.persimmon.or.jp/performance/hosting/20110830154100.html

事業課 余村

このページのトップへ
目黒区美術館
目黒区文化ホール賛助会
チケット特典サービス
ART LETTER 広告募集のお知らせ