柿の木日記

柿の木日記一覧へ

【楽器のひみつVIII】第2回 バロックヴァイオリンとフォルテピアノ

2012.02.20

2012年2月18日(土) 15:00開演
会場: 小ホール
出演: 佐藤俊介(ヴァイオリン)、クリスティーネ・ショルンスハイム(フォルテピアノ)

【プログラム】
 シューベルト: ピアノとヴァイオリンの為のソナチネ第3番 ト短調 D.408
 メンデルスゾーン: ヴァイオリンとピアノの為のソナタ ヘ短調 Op.4
 ベートーヴェン: ピアノとヴァイオリンの為のソナタ第5番 ヘ長調 Op.24 

***

昨年に続いて本シリーズに登場の佐藤俊介さん。

今回は、チェンバロ、フォルテピアノの名手であるクリスティーネ・ショルンスハイムさんのフォルテピアノとの共演です。

 

120218-1.jpg

120218-10.jpg

木目も美しい側板。胡桃の木が使われています。
弦は細く、繊細な印象。
 

120218-3.jpg

 ペダルの後ろ側の竪琴のようなものは飾りで、スタインウェイ社のマークはこれなのだそうです。

120218-4.jpg

角がすり減ったペダル

120218-5.jpg

120218-6.jpg

ショルンスハイムさんによるお話も。佐藤さんが通訳もしてくださっています。

120218-7.jpg
120218-9.jpg

 

担当: 小比類巻

このページのトップへ
目黒区美術館
目黒区文化ホール賛助会
チケット特典サービス
ART LETTER 広告募集のお知らせ