柿の木日記

柿の木日記一覧へ

ゆったりライヴの旅フェスティバル2012 ライヴレポート+セットリスト

2013.01.21

アン・サリーさん、畠山美由紀さんなどたくさんのアーティストに出演いただいたフェスティバル。

ジャズ、ボサノヴァ、ワールドミュージック、シンガーソングライター・・・。
30代40代を中心とする音楽好きのために、
2008年から始まったライヴ・シリーズ「ゆったりライヴの旅」。
このシリーズでは、昨年度までに計11回のライヴを開催してきました。

そして、めぐろパーシモンホール10周年を迎えた2012年、
この周辺の音楽シーンを代表する豪華アーティストによる
ゆったりライヴの旅フェスティバルを2012年11月に開催しました。
たいへん遅くなりましたが、その様子をレポートします。
演奏された曲も最後に掲載しました。

■11月3日(土)1日目、17時開演。

出演:
アン・サリー
orange pekoe
高田漣
Banda Kazaliste

01_Banda Kazaliste.JPG

幕開けは、ジプシー・ブラスバンド、Banda Kazaliste(バンダカザリステ)。
このフェスティバルの直前に結成されました。
メンバーはアルト・サックスの鈴木広志さん、テナーサックスの上運天淳市さん、
トランペットの長友誠さん、トロンボーンの今込治さん、チューバの古本大志さん、
アコーディオンの大口俊輔さん、ギターの田中庸介さん、ドラムの小林武文さんの8名です。
オープニングにふさわしく、パワーあふれるブラスとリズムに盛り上がりました。
サウンドだけではなく、目にも楽しいステージングが大好評でした。

02_orange pekoe.JPG

続いての登場は「やわらかな夜」のヒットで知られるorange pekoe(オレンジペコー)。
ナガシマトモコさんのヴォーカル、藤本一馬さんのギター。
今回はさらに、吉澤はじめさんのピアノ、小泉P克人さんのベース、
小松伸之さんのドラムも加わっての豪華メンバーで登場です。
ブラジルの名シンガー、エリス・レジーナのカヴァーもあり、盛りだくさんな内容。
ブラジリアン・フレーバー溢れるリズムの心地良いサウンド、
ナガシマさんの力強いヴォーカルが堪能できました。

03_Takada Ren.JPG

休憩後は、パーシモン初登場となるシンガー・ソングライター、高田漣さん。
伊賀航さんのベース、伊藤大地さんのドラムというトリオで登場。
まさにゆったりとしながらも、ベースとドラムもほどよく効いていて、
心地良いグル-ヴを持った音楽と歌、トーク。
トロピカルな雰囲気の曲もあり、高田さんのペースによる心地良いひととき。

04_Ann Sally.JPG

そして、この日のラストに登場したのは、アン・サリーさん。
お医者さんでもありシンガーでもあるという、
ユニークなライフスタイルでも知られるアーティストです。
小池龍平さんのギター、
吉野友加さんのアイリッシュ・ハープによるシンプルな演奏で、
透明感ある美しい歌声がとても素敵だったという好評の声が多数。
改めて、アン・サリーさんは日本語を美しく歌うシンガーだと思います。
とりわけ、阪神大震災を歌った曲「満月の夕」のカヴァーは、
たくさんの方々の印象に残ったようです。
アンコールで再登場、アンさんの美しい歌声で1日目が終了。

■11月4日(日)2日目、16時開演。

出演:
畠山美由紀+ショーロクラブ
naomi & goro & 菊地成孔
Saigenji
コーコーヤ

05_ko-ko-ya.JPG

2日目の幕開けは、ブラジル音楽トリオ、コーコーヤ。
ショーロクラブのメンバーでもある笹子重治さんのギター、
江藤有希さんのヴァイオリン、黒川紗恵子さんのクラリネット。
ときに3人が会話をするように演奏される楽しい曲の数々は、
幸福感あふれる明るい音楽です。

06_saigenji_re.JPG

続いての登場はシンガー・ソングライター、Saigenji(サイゲンジ)さん。
たった一人で、大ホールのステージに登場。
ギターと歌。それだけで、あふれるパワーとリズム、そして歌。
たった一人で創り出す音楽が、これほどまでに豊かであることに、とても驚きます。
それはきっと、音楽に愛されたSaigenjiさんにしかできない音楽。

07_naomi_goro_naruyoshi.JPG

そして、人気ボサノヴァ・ユニット、naomi & goro & 菊地成孔。
正統派のボサノヴァ・デュオとして人気が高いヴォーカルの布施尚美さん、
ギターの伊藤ゴローさんによるnaomi & goroに、菊地さんが参加しての特別ユニット。
おなじみアントニオ・カルロス・ジョビンの曲、英バンドのプリファブ・スプラウトのカヴァー、
マイケル・フランクスのカヴァーなどツボを押さえた選曲、
心地良いアレンジで美しいリズムと歌声を楽しめました。

08_Hatakeyama+Choro Club.JPG

2日間のフェスティバル、最後に登場したのは畠山美由紀+ショーロクラブ。
パーシモン初登場の畠山美由紀さんと、パーシモンではおなじみショーロクラブでのステージ。
この共演は、なんと9年ぶり?だそうです。
畠山さんの故郷、気仙沼を想い作られた作品「わが美しき故郷よ」。
詩の朗読から始まり、情感豊かに歌いあげるこの名曲には多くの人が感動。

09_encore.JPG

そして、コーコーヤのメンバーも加わってのアンコール、「Over the Rainbow」。
この曲をショーロクラブが演奏するとこんな素敵なアレンジのサウンドに?
というほど素晴らしく幸せなフィナーレでフェスティバルは幕を閉じました。

皆さま、ご来場まことにありがとうございました!

==================
ゆったりライヴの旅フェスティバル2012
セットリスト(演奏曲目一覧)
==================

■11月3日(土)17:00開演

◎Banda Kazaliste
Manea
Bayrum sekeri
Hava Naguila
Bubamara

◎orange pekoe
Happy Valley
Selene
Foggy Star
Corrida de Jangada
Upa Neguinho
やわらかな夜
LOVE LIFE

◎高田漣
It’s been a long time
Oh babe, what would you say?
Aji
Bao Shen
Circudian Rhythm
古靴店
火吹竹
Little Hawaii

◎アン・サリー
Wild Bird
星くず
Voce e eu
星影の小径
Disney Girls
満月の夕
蘇州夜曲
あたらしい朝
ハレルヤ
アンコール/こころ

■11月4日(日)16:00開演

◎コーコーヤ
レインドロップス
猫のしっぽ犬のしっぽ
ジンタ
マルシェの黒い熊
止まれないの
ロータスメロディ
ボンボヤージュ!

◎Saigenji
ハミングバード・ワルツ
鼓動
走り出すように
海のそばに
Corrida de Jangada
Vals No.1
ミュージックジャンキー

◎naomi & goro & 菊地成孔
King of Rock’n Roll
Days of May
So Tinha De Ser Com Voce
Cinema
Roshina
イパネマの娘

◎畠山美由紀+ショーロクラブ
小さな空(ショーロクラブ)
Martelo Maifeito(ショーロクラブ)
あなたの街へ
記憶
眠ってしまいたい
運命の糸
SABIA
Universo au meu reder
朗読:わが美しき故郷よ
わが美しき故郷よ
アンコール/Over the Rainbow

このページのトップへ
目黒区美術館
目黒区文化ホール賛助会
チケット特典サービス
ART LETTER 広告募集のお知らせ