柿の木日記

柿の木日記一覧へ

大人の演劇ワークショップ 『マイライフ・マイステージ』 裏エピソード! Vol.1

2016.09.01

9月2日(金)からいよいよ始まる大人の演劇ワークショップ『マイライフ・マイステージ』。
公募で集まった20名のワークショップ参加者が9月18日(日)に行われる公演に向けて朗読パフォーマンスに取り組みます。

昨年初めて実施したこのワークショップ、参加者のイキイキとした姿や、人生を語るこれまでにない舞台として大変ご好評頂きました。

IMG_3171
今回、その第2弾として取り組むのは、これまでの人生で経験した大切なエピソードにスポットを当てた『マイライフ・マイステージ』。
各々が体験した心に残るエピソード、それは面白かったりちょっぴり切なかったりと様々。
「人生はエピソードの連続だ」というように、私たちは日々様々なエピソードを生きています。
もちろん、この舞台を創る過程にも多くのエピソードが存在します。

ここでは、全8日間にわたるワークショップの全貌と、朗読パフォーマンスがどのように創られてきたのか、制作の裏側からお届けします。
題して 「マイライフ・マイステージ 裏エピソード!」

1回目の今回は、このワークショップの生みの親であり講師の能祖將夫さんにスポットをあて、
市民参加型企画への思いやこれからの意気込みについて、生の声をお伝えします。

*****************

現在、桜美林大学芸術文化学群教授であり、北九州芸術劇場プロデューサーを務められている能祖さん。
昨年(平成27年)8月末にめぐろパーシモンホールで開催した、市民参加企画『群読音楽劇 銀河鉄道の夜』を手掛けるなど、この大人の演劇ワークショップに限らず、当ホールでもお馴染みの存在となっています。

DSCN1288

そんな能祖さんは目黒だけでなく、全国各地の劇場で市民参加型の公演を企画されています。
その活動について、ご本人から教えていただきました。

「日本のあちこちで市民参加型のステージを創らせていただいています。桜美林大学では『群読音楽劇 銀河鉄道の夜』、これは昨年まで9年続いて、昨年はパーシモンでもやらせていただきました。来年の3月には、なんと台湾で、現地の大学生や市民と一緒に創ります。北九州芸術劇場では今年の7月に13年目を終えた『合唱物語 わたしの青い鳥』、8才から80才くらいの市民約80人が参加しています。その他にもその土地の伝統芸能を生かした『神楽オペラ SHINWA』(大分県豊後大野市)や街の歴史を入れ込んだ『音楽物語 わが街深川』(北海道深川市)、二分の一成人式を意識した『10才の子どもたち』(北九州市)などなど…。」

DSCN1287
来年は台湾での公演を控えている能祖さん。日本を飛び越えた活動にこれからも目が離せないですね。
これまでの活動を追っていく中で、市民参加型企画に強い思いがあることがわかります。
先日行った能祖さんとの打合せで、その思いを語っていただきました。

「この『マイライフ・マイステージ』は2011年に立ち上げたもので、参加する市民の方の人生のエピソードをモチーフにしています。どの舞台でもそうですが、市民参加型のいいところは、年齢や職業や社会的な背景を問わず、ひとりひとりが無我夢中になって稽古を行い、協力し合ってひとつの舞台に向かって行く姿勢にあると思っています。こういう現場は、実は今の社会にはあまりないのではないかなと。ぼくの作品は音楽家やダンサーなどのプロのアーティストと一緒に創ることが多いんですが、プロの力を借りながら、懸命な努力を重ね、人と人がつながって、やがて晴れ舞台を迎える、その過程と成果が、少し大袈裟に聞こえるかも知れませんが、「生きている実感」とか「生きている喜び」に繋がっているような気がしています。これもまた、今の社会では得られにくい感覚です。」

DSCN8964
最後に今回の意気込みをお願いします!

「目黒の方は濃い方が多いので(笑)、今年もまた楽しい現場&舞台になるのではないかと思っています。『マイライフ・マイステージ』は、その枠組みとしてM.H.エッツの『もりのなか』という絵本を使います。『もりのなか』で、参加者お一人お一人の人生のエピソードを披露してもらって、それをプロのピアノ演奏(竹村浄子さん)やダンス(井上大輔さん、藤井友美さん)に繋げていくというもの。と言っても伝わりにくいと思いますので、百聞は一見にしかず、是非、観にいらっしゃってください。濃い面々と共に、濃い濃い(来い来い)と、お待ちしております。」

*****************

9月2日からスタートする大人の演劇ワークショップ。
どんな濃いメンバーが集い、どんな公演が出来上がるのか、いまからドキドキです。
私も制作側から参加者の皆さんと一緒に舞台を創っていきます。
その模様を皆様にお届けし、少しでも興味関心を持っていただければと思っております。
どうぞ宜しくお願いします!

最後に大切な告知です。
9月18日(日)小ホールにて行われる大人の演劇ワークショップ参加者による公演のチケットも発売中です。

公演情報はこちら⇒ http://www.persimmon.or.jp/performance/hosting/20160721170428.html

皆様のお越しをお待ちしております。

事業課 井上

このページのトップへ
目黒区美術館
目黒区文化ホール賛助会
チケット特典サービス
ART LETTER 広告募集のお知らせ