公演情報

主催・共催公演

郷古廉×横坂源×加藤洋之 ―The TRIO

オール・シューマン・プログラム vol.2

公演概要

昨年12月、渾身の演奏を披露した三者による、オール・シューマン・プログラム第2弾。

公演日
2020年11月1日(日)
会場
めぐろパーシモンホール 小ホール
時間
14:30開場/15:00開演
料金

全席指定

一般
3,500
学生
2,000

車椅子席同料金。ホールチケットセンター電話・窓口のみ取扱。
*中学生以上の学生券購入者は、入場時に学生証をご提示ください。

チケット発売休止中

公演詳細説明

出演

郷古廉(C)Hisao Suzuki

郷古廉〈ヴァイオリン〉 Sunao Goko, Violin

1993年生まれ。宮城県多賀城市出身。2006年 第11回ユーディ・メニューイン青少年国際ヴァイオリンコンクールジュニア部門第1位(史上最年少優勝)。2013年 ティボール・ヴァルガ シオン国際ヴァイオリン・コンクール優勝ならびに聴衆賞・現代曲賞を受賞。2007年12月のデビュー以来、各地のオーケストラと共演。リサイタルや室内楽でも国内外で演奏活動を行っている。
これまでに勅使河原真実、ゲルハルト・ボッセ、辰巳明子、パヴェル・ヴェルニコフの各氏に師事。
録音では、無伴奏作品によるデビューCD(EXTON)、ブラームスのヴァイオリン・ソナタ集(nascor)、バッハとバルトークの作品集(EXTON)をリリース。
使用楽器は1682年製アントニオ・ストラディヴァリ(Banat)。個人の所有者の厚意により貸与される。

横坂源

横坂源〈チェロ〉 Gen Yokosaka, Cello

桐朋学園女子高等学校(男女共学)、同ソリストディプロマ・コースを経て、シュトゥットガルト国立音楽大学、並びにフライブルク国立音楽大学で研鑚を積む。
2002年、15歳で全日本ビバホール・チェロコンクール最年少優勝受賞。2010年にミュンヘン国際音楽コンクール第2位など多数受賞。
13歳で東京交響楽団とサン=サーンスのチェロ協奏曲を共演。以降、多数のオーケストラと共演し、ソリスト、室内楽奏者としてもリサイタルや各地の音楽祭などに多数出演。
これまでに、鷲尾勝郎、毛利伯郎、ジャン=ギアン・ケラスの各氏に師事。
2016年「J.S.バッハ:ガンバ・ソナタ集」をワーナーミュージック・ジャパンからリリース。
2019年/2020年には演奏活動20周年を迎え、全国各地でソロ・リサイタルやオーケストラとの協演を展開している。

加藤洋之

加藤洋之〈ピアノ〉 Hiroshi Kato, Piano

東京藝術大学附属音楽高校を経て同大学器楽科を卒業。同大学院在学中の1990年にジュネーヴ国際音楽コンクール第3位入賞後、ハンガリー国立リスト音楽院に留学し、イシュトヴァン・ラントシュ氏に師事。1996年よりケルンに移り、パヴェル・ギリロフ氏に師事した。
これまでに国内外の数々のオーケストラと共演。現在までドイツをはじめ欧州各国でソリスト、室内楽奏者として演奏活動を続けている。長年ウィーン・フィルのコンサートマスターを務めたライナー・キュッヒル氏とは、1999年からデュオ・パートナーとして国内外にて数多くの公演を重ねてきた。郷古廉ともたびたび共演しており、2017年より3年にわたって『東京・春・音楽祭』にて行ったベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲演奏では高い評価を受けた。2019年に初のソロCD「時間から空間へ~ワーグナーへのオマージュ」がオクタヴィア・レコードよりリリースされ、レコード芸術誌で特選盤となる。

曲目

R.シューマン
R.Schumann

ヴァイオリン・ソナタ 第2番 ニ短調 Op.121(郷古・加藤)
Violin Sonata No.2 in D minor, Op.121

詩人の恋(横坂・加藤)
Dichterliebe

ピアノ三重奏曲 第3番 ト短調 Op.110(郷古・横坂・加藤)
Piano Trio No.3 in G minor, Op.110

チケット販売

発売日
2020年5月9日(土)10:00
お取扱い

めぐろパーシモンホールチケットセンター

インターネット
チケット購入へ
電話予約
03-5701-2904(10:00-19:00)
窓口で購入
めぐろパーシモンホール
チケットセンター窓口
(地下1階ホール受付 10:00~19:00)
イープラス

イープラス

その他注意事項

主催:公益財団法人目黒区芸術文化振興財団

  • やむを得ぬ事情により、出演者・曲目などが変更になる場合がありますのでご了承ください。
  • 一度お求め頂いたチケットは、公演中止の場合を除きキャンセルできません。
  • 未就学児の入場はご遠慮ください。
  • 駐車場の台数が少ないため、ご来館には公共交通機関をご利用ください。