ホール外での活動について

ホール外での活動について一覧へ

【アウトリーチプログラム】目黒区立駒場小学校

2016.02.16

目黒区立 駒場小学校 4年生 60人
日時:  2016年2月16日(火) 10:05~10:50
出演:  柳家小傳次

*************

アウトリーチでは初めてとなる落語のプログラムを開催しました。
今回ご出演いただいたのは目黒区出身で、昨年真打に昇進された柳家小傳次師匠です。

出囃子とともに小傳次師匠の登場です!

はじめは落語についてのお話。
落語の歴史から寄席(演芸場)、噺の基本となるマクラ、本題、落ち(サゲ)など。
小噺を例にわかりやすく教えていただきました。

20160216_1

落語は、一人で何役も演じます。
どうしたら何役も演じることができるのでしょうか。
男性と女性、大人と子ども、声の高低や口調、仕草などによって演じ方が変わることが分かりました。

扇子や手ぬぐいなどの道具を使って、さまざまな表現をしてみましょう。
扇子を箸に見立てて、麺をすすります。
まるで本当に麺を食べているようで、子どもたちから驚きの声が上がります。
次にみんなで真似をしてみましたが、なかなか上手にすすれません。想像力と表現力の大切さを学びました。

20160216_2

古典落語の演目の一つ『お菊の皿』を聞かせていただきました。
幽霊になったお菊が井戸端に現れ、恨めしそうに「一枚、二枚…」と皿を数えるという有名な怪談を下敷きにしています。
怖い話かと思いきや、落語らしく教室中が笑いに包まれます。

20160216_3最後は質問コーナー。
本物の噺家の方に質問できるめったに無い機会に、子どもたちから次々に質問があがりました。

今回のプログラムを通じて、日本の伝統文化に触れ、表現力と想像力、コミュニケーション力の大切さを知ることができました。

 

事業課 丸

このページのトップへ
目黒区美術館
目黒区文化ホール賛助会
チケット特典サービス
ART LETTER 広告募集のお知らせ