参加プログラム

子どものためのワークショップ2021-演劇入門ワークショップ―参加者募集!

参加者募集中

子どものためのワークショップ2021-演劇入門ワークショップ―参加者募集!

公演概要

毎年受付開始早々、定員に達する人気のワークショップです。語ること、話し合うこと、動くこと、そして考えることに興味のある中学生、高校生のたくさんのご応募お待ちしています。

開催日
2021年6月27日(日)
会場
めぐろパーシモンホール 小ホール
時間
13:00~20:00(休憩時間を含みます)
受付開始日

5/9(日)申込受付開始

講師

平田オリザ(青年団主宰、劇作家、演出家)

対象

中学生・高校生で当ワークショップ初参加者

定員

30名

参加費

1,500円(当日精算)

応募方法

■応募方法
件名に「演劇入門ワークショップ申込」と記入し、本文には記入項目の1~6にお答えいただき、Eメールでご応募ください。

■応募先
engeki@persimmon.or.jp

■記入項目
1.郵便番号・住所
2.氏名(フリガナも記入)・性別
3.電話・Eメールアドレス
4.学校名・学年
5.保護者氏名
6.演劇経験の有無

注意事項

一度に多数の応募があり、先着順判断が難しい場合は一部抽選となります。

公演詳細説明

演劇入門ワークショップ_講師_平田オリザ

平田オリザ(Hirata Oriza)プロフィール
劇作家・演出家、芸術文化観光専門職大学学長。青年団主宰。江原河畔劇場芸術総監督、こまばアゴラ劇場芸術総監督。豊岡演劇祭フェスティバル・ディレクター。
1962年生まれ、東京都目黒区出身。16歳で高校を休学し、1年半かけて自転車による世界一周旅行を敢行。帰国後、大学入学資格検定試験を経て国際基督教大学に入学、学内で劇団「青年団」を結成。1995年『東京ノート』で第39回岸田國士戯曲賞、2019年『日本文学盛衰史』で第22回鶴屋南北戯曲賞を受賞。2011年フランス文化通信省より芸術文化勲章シュヴァリエ受勲。2002年以降、国語教科書に採用されたワークショップの方法論に基づき、多くの子どもたちが教室で演劇を創作している。2019年より兵庫県豊岡市日高町に移住。江原河畔劇場を拠点に地域と劇団が連動して、市内保育園等の巡回公演や小中学校でのワークショップ実施、但馬地域の高校生達のコミュニケーション教育にも取り組んでいる。

その他注意事項

主催

(公財)目黒区芸術文化振興財団

協賛

(公財)北野生涯教育振興会

協力

有限会社アゴラ企画