参加プログラム

子どものためのワークショップ2022ー演劇ワークショップ 参加者募集!

参加者募集中

子どものためのワークショップ2022ー演劇ワークショップ 参加者募集!

公演概要

今年の夏休みは、めぐろパーシモンホールで演劇に集中する時間を過ごしてみませんか?
講師は、近年映像の分野でも注目を浴び、ますます活躍の場を広げている劇作家・演出家の大池容子氏。
内なる自分に向かい合うことで気づく、新たな自分との出会いの旅に出かけましょう!

開催日
2022年7月26日(火)~
2022年7月30日(土)
会場
めぐろパーシモンホール 小ホール
時間
7/26(火)~29(金)16:00~20:00
7/30(土)発表会 13:45開場/14:00開演(午前中リハーサル)
受付開始日

6/5(日)申込受付開始

講師

大池容子(劇作家、演出家、うさぎストライプ主宰、青年団演出部)

対象

中学1年生から高校3年生

定員

20名(先着順)

参加費

3,500円(初日に精算)

応募方法

■応募方法
件名に「演劇ワークショップ申込」と記入し、本文には記入項目の1~6にお答えいただき、Eメールでご応募ください。

■応募先
engeki@persimmon.or.jp

■記入項目
1.郵便番号・住所
2.氏名(フリガナも記入)・性別
3.電話・Eメールアドレス
4.学校名・学年
5.保護者氏名
6.演劇経験の有無

注意事項

一度に多数の応募があり、先着順判断が難しい場合は一部抽選となります。

公演詳細説明

演劇ワークショップ_講師_大池容子

大池容子(Yoko Oike)プロフィール
劇作家・演出家・うさぎストライプ主宰。
尚美学園大学非常勤講師。女子美術大学非常勤講師。アトリエ春風舎芸術監督。青年団演出部。
1986年大阪府生まれ。2010年4月より青年団演出部に所属し、同年10月うさぎストライプを結成。2019年3月『バージン・ブルース』で平成30年度 希望の大地の戯曲賞「北海道戯曲賞」大賞を受賞。2021年12月、NHK特集ドラマ『いないかもしれない』脚本でAsian Academy Creative Award 2021 BEST ORIGNAL SCREENPLAY 優秀賞を受賞。2011年から2021年現在まで高校演劇の審査員(地区大会、中央大会)を継続してつとめ、中学生・高校生を対象とした演劇ワークショップの開発・実施にも積極的に携わっている。

その他注意事項

主催

(公財)目黒区芸術文化振興財団

協賛

(公財)北野生涯教育振興会