公演情報

主催・共催公演

ザ・ピアノエラ2019

ザ・ピアノエラ2019

ザ・ピアノエラ2019【11月30日】

THE PIANO ERA 2019

公演概要

ピアノ世紀の到来を告げるフェスティバル。2年ぶり4回目の開催。
世界から日本から、ジャンルを越えて”今聴くべき世界のピアノ音楽”に出会う二日間。

ザ・ピアノエラ2019公式サイト

公演日
2019年11月30日(土)
会場
めぐろパーシモンホール 大ホール
時間
16:15(開場)/17:00(開演)
11/30出演

アントニオ・ロウレイロ・トリオ(ブラジル)
ニタイ・ハーシュコヴィッツ(イスラエル)
カイル・シェパード “A Portrait of Home” (南アフリカ、日本)

料金

全席指定

単日券 前売6,800円/当日7,800

高校生以上の学生は1,000円を、小・中学生は2,000円を公演当日に会場の受付にて学生証とチケット確認の上返金。単日券のみ。

2日通し券12,800円(前売りのみ、ホールチケットセンターでの取扱いなし)

車椅子席はノーヴァスアクシスで受付。電話かメールにてお申し込み下さい。
ノーヴァスアクシス 03-6310-9553
contact@novusaxis.com

チケット発売中

公演詳細説明

出演

アントニオ・ロウレイロアントニオ・ロウレイロ

アントニオ・ロウレイロ・トリオ(ブラジル)

アントニオ・ロウレイロは、ピアノ、ドラムス、ヴィブラフォンほか10種類近い楽器を自ら演奏、<ソング>と<インストゥルメンタル>が有機的に絡み合う革新的なサウンドによって、21世紀のミナス/南米シーンをリードする現代ブラジル最注目の若きアイコン。2013年の初来日時には芳垣安洋、鈴木正人、佐藤芳明とのバンド編成による衝撃の東京公演を行い、2015年、くるり主催のフェスティバル「京都音楽博覧会」の招聘で再来日。10,000人以上の観衆を前に行ったピアノソロパフォーマンスは語り草に。
最新作『Livre』、前作『Só』の2作品がミュージック・マガジン誌特集「ブラジル音楽オールタイム・アルバム・ベスト100」に選出されるなど、いま最も動向が注目されるアーティストの一人。ジャズギター界の<皇帝>カート・ローゼンウィンケルの傑作『Caipi』に参加、共作曲を提供しインスピレーションを与えあうとともにバンドメンバーとしても参加している。今回、自身のトリオを初めて日本で披露する。
(Antonio Loureiro (pf,key,vo), Frederico Heliodoro (b), Felipe Continentino (ds) )
https://www.antonioloureiro.com/

ニタイ・ハーシュコヴィッツ(イスラエル)ニタイ・ハーシュコヴィッツ

ニタイ・ハーシュコヴィッツ(イスラエル)

イスラエル出身、注目を集める若きピアニスト。アヴィシャイ・コーエンのバントにシャイ・マエストロの後釡として加入、デュオでレコーディングされた「デュエンテ~聖霊」(12年) で注目を浴び、「アルマー」(13年)、「フロム・ダークネス」(15年)の3作品に参加。美しい旋律の叙情的なピアノが衝撃を与える。昨年発表されたピアノソロアルバム『NEW PLACE ALWAYS』は共同プロデューサーにリジョイサーを迎え、イスラエルをルーツに自身の内面を投影した優しく静寂な音楽を表現。 クラシカルな響きのコンポジション、ポール・マッカートニーのカバーなど美メロナンバーが続き、次から次に溢れ出るエモーショナルな旋律と透明感溢れるサウンドが注目を浴びている。
https://www.nitaihmusic.com/

カイル・シェパード ”A Portrait of Home”(南アフリカ、日本)

初来日の3公演をソールドアウトさせた、南アフリカに生まれNYのカーネギー・ホールからインドのジャズ・クラブまで世界中の聴衆を魅了する音楽を生み出す“アフリカン・ピアノの継承者”、カイル・シェパード。
南アフリカ・ケープタウンの街が生み出すモザイク画のような多様な文化の中で育ち、“Goema”と云うリズムのキャンバスに原始の記憶から伝わる色彩豊かなアフリカのグルーヴを描くドラマー、クロード・カズンス。
南アフリカからインドまで世界各国で演奏を行い、Myahk Song Book/SONG LINESを通じて古謡の探求を続けるコントラバス奏者、松永誠剛。
”A Portrait of Home” はこの3人が集うスペシャルプロジェクト。
それぞれの音が共鳴し描かれるルーツ・ミュージックであり、最先端の響き”A Portrait of Home~ルーツの肖像~”が初めて披露される。
(Kyle Shepherd (pf), Claude Cozens(ds), Seigo Matsunaga(cb) )

カイル・シェパードカイル・シェパード

クロード・カズンスクロード・カズンス

松永誠剛松永誠剛

チケット販売

発売日
2019年8月3日(土)10:00
お取扱い

めぐろパーシモンホールチケットセンター

インターネット
チケット購入へ
電話予約
03-5701-2904(10:00-19:00)
窓口で購入
めぐろパーシモンホール
チケットセンター窓口
(地下1階ホール受付 10:00~19:00)
チケットぴあ

購入ページ
TEL.0570-02-9999
〈Pコード:157-960〉

イープラス

購入ページ

ローチケ

購入ページ
TEL.0570-084-003
〈Lコード:34777〉

オフィシャル先行販売受付:7月6日(土)12:00 – 7月15日(月祝)23:59
ディスクガレージチケットサイト『GET TICKET』にて取扱い
詳細は公式サイト

その他注意事項

主催・企画・制作
novus axis / NRT / SHIKIORI [ザ・ピアノエラ実行委員会]

共催
公益財団法人目黒区芸術文化振興財団

制作協力
ディスクガレージ

招聘・制作協力
エピファニーワークス

後援
ポーランド広報文化センター/イスラエル大使館/他出演者各国大使館(予定)

協力
RYU / Kentec / Inpartmaint Inc. / ULTRA VYBE / Gondwana Records / Core Port / ワーナーミュージック・ジャパン / 一般社団法人スキヤキ・オフィス / タカギクラヴィア / やまだあずさ工房

お問い合わせ

ディスクガレージ TEL.050-5533-0888(平日12:00-19:00)
ノーヴァスアクシス TEL.03-6310-9553

注意事項

  • やむを得ぬ事情により、出演者・曲目などが変更になる場合がありますのでご了承ください。
  • 一度お求め頂いたチケットは、公演中止の場合を除きキャンセルできません。
  • 駐車場の台数が少ないため、ご来館には公共交通機関をご利用ください。
  • 未就学児の入場はご遠慮ください。